地すべり関連機器の販売・レンタル、パイプ歪計の製造・販売、その他環境関連機器の販売

パイプ歪計

パイプ歪計はボーリング孔に固定し、地すべりによるパイプのたわみをセンサー部分である歪ゲージの伸縮によって検出し、そのデータからすべり面の位置を判定するために使用されます
通常の1方向タイプの他、すべり方向の見極めが困難な箇所で使用される2方向タイプがあります
信号線をパイプの中に通して設置する内線式もあります
通常品以外にセンサー間隔を0.5m毎にしたものや2深度分を6芯コードで測定する6芯変換タイプなどの別注仕様品も製造できます

製品仕様

使用パイプ 硬質塩化ビニールパイプ(JIS6741 VP管)
使用ゲージ 東京測器研究所製
型式:FLK-10
抵抗値:120Ω±0.3Ω
ゲージ率:2.17±1%
結線方法2ゲージ3線式
センサー間隔 1m毎
許容電流 10mA
ゼロバランス
(製造時基準)
0±500μstrain以内
※6芯変換タイプ、0.5mピッチ、小径タイプは0±800μstrain以内
測定範囲 0±32000μstrain以内
※当社製測定器の場合

製品バリエーション

内線式

ケーブルを塩ビパイプの中に通したタイプの歪計です。
孔壁でケーブルを損傷する心配がなく、グラウトも容易です。

※内線できるケーブル本数には制限があります。

※パイプの中にケーブルがあるため無孔管仕様となり、水位観測の併用はできません。

6芯変換タイプ

1方向測定用のパイプ歪計の上下2深度分を6芯ケーブルでつないだタイプの歪計です。

地上部からでるケーブルの本数が通常の半分になりますので調査深度が深い場合などでもボーリング径を小さくすることができます。

※仕様上、2方向測定タイプは製造できません。

0.5mピッチ

1本の塩ビパイプに2点の測定部をつけ、測定間隔を0.5mピッチにした歪計です。
すべり面の深度をより正確に把握したい場合などに使用します。

Top