地すべり関連機器の販売・レンタル、パイプ歪計の製造・販売、その他環境関連機器の販売

多チャンネル自動観測装置 SD32M | 概要

(バッテリー稼働のみの製品です。別途12Vバッテリーが必要です)

豊富なラインナップで各種センサーに対応できます。
Aブロック(1~30CH)と水位計2CHの測定が可能です。
Aブロックの仕様を各種センサーに対応して指定できます。
Aブロックと水位計では別々のインターバルを設定できます。
SDメモリーカード1枚で何台分ものデータを回収できます。
校正値を設定することで実際の物理量データとしてデータを確認することもできます
SDメモリーカードには実データと生データを同時に保存できます。
保存データ形式がCSV形式なのでExcel上でのデータ解析が容易です。
電源電圧が簡単に確認できます。
カード挿入口から昆虫などの侵入を防ぐフタ付。

製品仕様

共通仕様

チャンネル数 Aブロック:30CH
Bブロック:水位計対応2CH
使用メディア SDメモリーカード(データ回収時)
測定インターバル 1,5,10,30分
1,2,6,12,24,48,96,168時間
※計器の設定チャンネル数によっては1分インターバルが使用できません。
警報接点出力
(オプション)
無電圧フォトモスリレー出力
MAX:DC40V/0.1A
通信機能
(オプション)
RS485
電源電圧 DC8V~14V(WKは10V~14V)
※乾電池には対応していません
消費電流 待機時:0mA
動作時:120mA以内
動作温度範囲 -20℃~50℃

Aブロック(CH1~CH30)型式一覧

対応センサー 型式
ひずみゲージ応用センサー W4
電圧出力型センサー WK
ポテンショメーター対応センサー WKP

型式別入力仕様

「SD32M-W4」型
対応センサー ひずみゲージ応用センサー
対応ゲージ抵抗 350Ω
印加電圧 約2.5V
測定範囲 ±4000μstrain(±4000で表現)
測定精度 ±0.1%/FS
端子説明
  • 赤 --- 電源(+)
  • 白 --- 信号(+)
  • 黒 --- 電源(-)
  • 緑 --- 信号(-)
「SD32M-WK」型
対応センサー 電圧出力型センサー
入力抵抗 100KΩ
印加電圧 電源電圧
測定範囲 0~5V(0~5000で表現)
測定精度 ±0.1%/FS
端子説明
  • 赤 --- 電源(+)
  • 白 --- 信号(+)
  • 黒 --- GND(電源・信号共通)
「SD32M-WKP」型
対応センサー ポテンショメータ型伸縮計
入力抵抗 100KΩ
印加電圧 約4V
測定範囲 0~印加電圧(0~4000で表現)
測定精度 ±0.1%/FS
端子説明
  • 赤 --- 電源(+)
  • 白 --- 信号(+)
  • 黒 --- GND(電源・信号共通)

Bブロックチャンネル仕様

対応センサー ひずみゲージ応用水位センサー
対応ゲージ抵抗 350Ω
印加電圧 約2.5V
測定範囲 ±4000μstrain(±4000で表現)
測定精度 ±0.1%/FS
端子説明
  • 赤 --- 電源(+)
  • 白 --- 信号(+)
  • 黒 --- 電源(-)
  • 緑 --- 信号(-)

観測可能日数一覧

メインメモリが満杯になるまでの観測可能日数

測定インターバル W4・WK・WKP型
A:01時間・B:01時間 136日
A:06時間・B:01時間 535日
A:12時間・B:01時間 756日
A:24時間・B:01時間 925日

※メモリー容量による観測可能回数・日数の注意点

  • 供給電源が途中で無くならないことを前提としています。バッテリー使用時などは先にバッテリー電圧が落ちてしまい、記載の回数・日数分観測できない場合があります。
  • チャンネル設定が可能な計器(W4・WK・WKP)についてはAブロックが30CHに設定された場合の値です。

バッテリーがなくなるまでの日数

型式:SD32M-W4、WK、WKPの場合 (Aブロック 30CH設定)

測定インターバル バッテリー(12V/7.2AH)での観測可能日数
低温時~常温時
(0℃~20℃)
A:01時間・B:01時間 54~90日
A:06時間・B:01時間 180日
A:24時間・B:01時間 180日

※バッテリーによる観測可能日数の注意点

  • 当社販売のバッテリー(鉛シール蓄電池:容量12V/7.2AH(20HR))使用時の値となっています。
  • バッテリーの性能が落ちている場合は記載日数の観測はおこなえません。
  • 観測可能日数は使用環境により大きく変動します。使用環境が悪い場合は、記載されている値の2/3~1/2程度を見込んでおくことをお勧めします
  • 観測可能日数は自己放電を考慮して180日を上限としています。

製品一覧

Top