地すべり関連機器の販売・レンタル、パイプ歪計の製造・販売、その他環境関連機器の販売

メール通信制御装置 DM-2 | 概要

(製品の使用には別途、通信事業者からSIMカードの購入が必要となります)

(すぐにご使用になれるように弊社ではSIMカードのレンタルも行っております)

※本器のSIMカードソケットは標準サイズのSIMカード用となります。ナノサイズ、マイクロサイズのSIMカードを使用する場合は市販の変換アダプタが必要となります。

観測データの送信と警報通報の両方がこの1台で可能です
入力端子(CH)が4点あり、各CH毎に「データ通信」・「接で警報」・「断で警報」の機能を切り替えることが可能です
「通信」CHでは自動観測装置SDシリーズ(※RS485通信オプション付)の観測データを指定されたアドレスへメールで送信することが可能です
「警報」CHでは警報接点出力信号を受けて指定されたアドレスへメールで通報します
接点出力もついているので、接点入力のある外部機器を連動して作動させることもできます
毎日の定期メールにて機器の稼働状態と電源電圧の確認が行えます
遠隔制御が可能です。設置後にも遠隔地から各種設定の変更が可能です
通信回線はNTTドコモまたはKDDIのエリアに対応しているため、柔軟に設置場所を選べます
SIMフリー端末のためMVNOを利用することで低価格での運用が可能です
DC12V電源で動作し、通報動作時以外は超低消費電力状態となっているため、小型ソーラーパネルによる独立電源での稼働も可能です
データメールは付属の受信専用ソフトで自動的にデータを振り分けられます(※表示は生データ形式)
弊社データ管理ソフト[データマネージャー(DataManager)]と自動連携することが可能です。
※データマネージャーについては製品情報ページをご覧ください。

製品仕様

適用回線 NTTドコモ(MVNO含む) LTE/3G回線
KDDI(MVNO含む) LTE回線
推奨回線 ソラコム(plan-D/plan-K)
RS485通信端子
接点入力 共通
4点
「通信」・「接で警報」・「断で警報」を切替使用
接点出力 1点(定格 DC30V/1A)
設定用ポート 1点(USB Bタイプコネクタ)
対応観測装置 自動観測装置SDシリーズ
※ファームウェアVer1.1.2以降、別途RS485通信オプションが必要
電源電圧 DC10V~18V
消費電流 待機時:平均約 1mA
動作時:平均約 150mA
動作温度範囲 -10℃~50℃
設定ソフト仕様 (設定ソフトはダウンロードページからダウンロードできます)
対応パソコン DOS/V機
(使用可能なUSBポートが最低1つ必要)
対応OS Windows10、Windows8.1、Windows7

購入に必要なもの

DM-2の購入にあたって以下の用意が必要となります。

  • 通信事業者よりSIMカードの購入と契約
  • DM-2で使用する送受信専用メールアドレスの取得
  • データ送信で使用する場合はデータメール受信専用のメールアドレスの取得

※弊社ではSIMカードのレンタルも行っております。レンタル期間中はメールアドレスも付与しますので、すぐに使用を始めたい場合はご利用ください。

※弊社では通信事業者としてMVNOの「ソラコム」を推奨しています。以下では「ソラコム」でのSIMカード購入について説明いたします。

※「ソラコム」以外の通信事業者との契約については各通信事業者にてご確認ください。


「ソラコム」にて「日本向け SORACOM Air SIM」の購入をする

「SORACOM Air for セルラーの利用方法」のページ(https://soracom.jp/start/)で手順にしたがってSIMカードの購入・登録を行ってください。

※本器のSIMカードソケットは標準サイズのSIMカード用となります。ナノサイズ、マイクロサイズのSIMカードを使用する場合は市販の変換アダプタが必要となります。

※弊社で使用しているSIMカードはドコモ回線の「SORACOM Air SIMカード plan-D サイズ:標準(データ通信のみ)」です。

DM-2の送受信に使用する専用のメールアドレスを取得する

DM-2本体がメールのやり取りをするためのメールアドレスを新規にご用意ください

トラブルの原因となるため、メールアドレスは他の一般用途に使用しているメールアドレスで兼用しないでください。

なお、使用できるメールアドレスの条件は次の通りとなります

  • POPでのメール受信が可能なこと
    ※ただし、SSLには対応していないため、SSL必須の場合は不可
  • DM-2送受信専用に使えること
[ 参考 ] 新規にメールアドレスを取得する方法として次の方法があります
  • お客様が所属している企業・団体のシステム管理者から新規にメールアドレスを発行してもらう方法
  • プロバイダと契約を行い、有料のメールサービスを利用する方法
  • フリーメールサービスを利用する方法※1
    • ※1無料のメールサービスを利用する方法ですが、フリーメールサービスの場合、一般的にPOPでのメール受信に対応していません。現在こちらで確認した限りでは、Yahoo!のフリーメールサービスが利用可能です。
    • 「Yahoo!JAPAN」のメールサービス登録方法(PDF)
    • ※「Google Gmail」はPOP受信が可能ですがSSLが必要となっているため、本システムには対応していません
  • 弊社からメールアドレスをレンタルする方法(※アドレスのみレンタルの場合は有償です。SIMカードのレンタルの場合はレンタル期間中使用できるメールアドレスを無償で付与いたします。)

観測データ受信専用のメールアドレスを取得する

DM-2で観測データの送信を行う場合は受信に使用する専用のメールアドレスが必要となります。
(※アドレス取得方法は上記と同じです)

DM-2で観測データの送信機能を使用する場合の注意事項

通信ではDM-2が各観測装置から吸い上げた観測データをメール形式(データメール)で送信し、専用の受信メールソフト(DataMailer)でデータメールを受け取る仕組みとなっております。

DataMailerをお客さまのパソコンへインストールして、メールサーバーへアクセスを行う際に、お客様の会社のシステムに導入されているセキュリティによってはこのような動作が制限(拒否)される場合があります。

原因となっているセキュリティ部分を解除できれば運用は可能ですが、セキュリティの仕様は様々であるため、何が原因となっているかをこちらでは確定できません。また、企業様にとってはセキュリティを操作すること自体にリスクがあります。

このため、本システムを導入するにあたっては以下の運用方法を提案いたします。

提案1.社内システムから独立したデータ受信環境を構築する

「受信(兼、閲覧)専用のパソコン」と「データ通信契約」を用意することで社内システムからは完全に独立して運用することが可能です。

ただし、データの閲覧は受信専用パソコンに限定されますので複数での受信を希望する場合は必要数だけこの環境を用意しなければいけません。

また、パソコンの設置場所がデータ通信可能区域であることも条件となります。

<必要なもの>

  • データ受信(兼、閲覧)用に専用のパソコンを購入
  • docomoなどでモバイルデータ通信の契約
    契約プランは定額制を推奨

※セキュリティによっては社内で管理されているパソコン以外を社内LANに接続することで問題なくメールサーバーとのアクセスが可能になる場合があります。
その場合は受信(兼閲覧)専用のパソコンを用意すれば別途データ通信契約は必要ありません。
ただし、社内LANに別パソコンをつなぐこと自体が社内規定に合致するかどうかをよく確認してください。

提案2.当社Web監視システム(Sweb)を併用する

使用するソフトウェアがSweb専用のサーバー上にあるためデータ受信については社内システムを介さずに行うことができます。

また、データの閲覧はWebブラウザ上でおこなえますので閲覧人数に制限はありません。

ただし、運用には管理担当者がSweb専用サーバーへアクセスしてソフトウェアを操作する必要があり、サーバーへのアクセスにはWindowsOS付属の「リモートデスクトップ」機能を使用しますので、問題となっている「セキュリティによる動作制限」がかからないかどうかを事前にテストする必要があります。

※セキュリティによりリモートデスクトップでアクセスできなかった場合は提案1と同様に管理用として独立したパソコンとデータ通信環境が必要となります。

その他:事前動作テストの実施

前述の内容をご理解されたうえで、お客様の社内システム内での接続で運用を希望される場合は事前に本システムが運用可能かどうか、動作テストを行うことができます。

テスト方法につきましては当社までお問い合わせください。

製品一覧

Top